建設業許可を取ろう TOP

このサイトについて

建設業として事業を行う場合は建設業許可取得をすることが望ましいと言われています。
ここでいう「望ましい」は必須ではない、ということを意味します。

建設工事を行っている多くの業者は建設業許可を取得していますが、必ずしも取得の義務がある訳ではなく、一定規模内の建設工事であれば建設業の許可がなくても行うことができます。

逆に建設業許可を未取得の状態で一定規模の範囲を超えてしまう建設工事を行うと大変なことになり、事業の存続も難しくなります。本格的に幅広い建設工事を行い、事業を成長させていくのであれば建設業許可は取得しておいた方が良い、となります。

建設業といってもその範囲はとても幅広いものがあります。大雑把に分けると一式工事と専門工事の2つに分類されているのですが、建設業許可を取得するのであれば、さらに細分化されて定められている28業種の中から選択して、申請を行います。

そして、建設業許可には知事許可と大臣許可があります。これは営業活動をする上での商圏によって異なり、1つの都道府県内で営業所を持ち、営業をする場合は知事許可、複数の都道府県にまたがって営業所をもって営業をしている場合は大臣許可が必要となります。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    魅力ある自社割賦を万全なサポート体制で、ローリスクかつスムーズに導入を行えるので、安心して活用できます。
    会社設立も含めた第二種金融商品取引業の登録を任せたい起業家は必須!マルチな行政法務事務所なら、第二種金融商品取引業の登録に関する書類作成のみを依頼したいなど、希望にあった対応をおこなってくれるのでオススメです。
    各許可申請で必要な書類の取得を代行する風俗営業届出専門の行政書士なら、防火対象物使用開始届、防火計画書の作成など消防関係の手続きや営業所の図面作成なども代行してくれて、初回無料で相談が出来るのでオススメです。
    トラック運送業、タクシー業などを始める際に必要な手続きを行なってくれる運送業の許可代行を考えているなら、現地の図面作成、写真撮影、認可・届出運賃・営業開始届の作成提出、150km圏内の交通費・出張費まで込みで、安心な価格でお客様の要望に対応してくれるのでオススメです。
    元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請負う場合、建設業許可の申請代行を利用することにより、必要な資料を作成したり提出する手間が省けるのでオススメです。
    経営事項審査を代行しておこなってくれる会社を利用すると、建設業者が必ず受けなければならない、建設業者の経営規模の認定、技術力の評価、社会性の確認、経営状況の分析などの審査の手間が省けるのでオススメです。
    解約返戻金をなくすことで保険料の安さをさらに追求したaxadirectlifeを考えているなら、がんによる入院は1日あたり最高4万円まで選択が可能で、特約付加で先進医療も最高500万円まで保障してくれるのでオススメです。
    Copyright(C) 建設業許可を取ろう All Rights Reserved.